ボトムス

フレアスカート Couleure(クルール)さん【744】

春先にクルールさんのPDF版のパターンを購入後、このダウンロードパターンにハマっています。
理由は3つ。

価格が安い

すぐに届いて使える

2サイズ抱き合わせ販売

DoCLASSEで購入した朱色のトップスにピッタリですな。

クルールさんのPDFダウンロードパターン、「2サイズOK」というのがありがたい。紙のものより安い上に2サイズもよろしいのか?って感じです。

「7号と9号」「9号と11号」「11号と13号」、特殊なものを除いてこの3パターン。大抵、私は9号と11号を申し込む。
娘が9号、私が11号だから。

紙を送ってもらう方は、ネコポスか何かだから、到着まで時間がかかるし、サイズが合わない場合、最悪違うサイズを買わないといけない。

ダウンロード版のいいところは、この即効性だと思う。プリントして、貼り合わせれば、アッという間に型紙ができるんだもん。

アッという間は言い過ぎかな、貼り合わせは、慣れた今でも時間がかかる。モノによるが、私の場合、60分~90分。慎重な作業だから神経も使う。

A3じゃなくてA4だから、枚数も多いし、突き合わせ箇所も増えるからズレないように気をつけて切らないといけないんだけどね。

コンビニでA4版は白黒1枚10円だから30枚で300円かかるけど、やはりタイムイズマネー。

6月に購入したサッカーの生地、このままだと夏に着ることがないまま、年を越しそうなので、気合いで作りました。

型紙 Couleure ハーフゴムシンプルフレアスカート
洋裁メモ 仕様書は110cm巾、2M。20センチ足りなかったので、ベルトはギリギリだった。
生地 古町のコットンハウス39で衝動買い。30%オフのセール中だったので、1.8Mで1,100円ぐらい。
費用 パターンは表地(1,300円)裏地(400円)で税込み1,870円、コンシールファスナー80円。4センチ幅のゴム30㎝とボタン1個、糸は手持ちのもの。の他は手持ちのもの。合計3,050円也
総時間 細切れ時間利用で合計6時間ぐらい。失敗経験のあるコンシールファスナーが怖くて2日間手を付けられず。

つくってみた感想と反省

2年前、マスクに飽きた直後にクルールさんのパラソルワンピースに一目ぼれして、つくったことがある。
でも、そのとき、コンシールファスナーで大失敗。


コンシールファスナーってこんなに見えるもんだっけ?
ガーン
ガーン

というぐらい、ファスナーが浮いていて、ワンピースだから、とっても目立ってしまって・・・
1回着てそれっきりになってしまった。

コンシールファスナーのキワキワに縫えなかったせいかな、とそのときは思っていたんだけど。

今回も、この仕上がり。

いろいろ考えているうちに、コンシールファスナーの「務歯(むし)」をちゃんと起こさなかったのが理由じゃないかと推測。

アイロンで「むし」ってやつを「起こす」んだけど、ユーチューブや仕様書に「高温すぎるとファスナーが溶けるので気をつけて」とあって、恐る恐る低温でアイロンをかけていたから、ちゃんとムシが起きなかったのかなと思っている。

今回のやつは、娘のをつくる前の試作品でもあるので、次回は怖がらずにちゃんと起こそう。


↑ ファスナーの位置が下だったせいで、1センチ近くのスペースあり。トップスで隠すから見えないだろうけど、こういうところ、雑だなと思う。

見た人はやっぱり気になるよね。

あと、クルールさんによくあるケースだけど、この11号、私には小さかったかなあ。(160センチ、55キロ 安産体型)

13号とか、LL、まだ抵抗アリアリなので・・・そちらに手を出さなくていいよう、体の方を11号に維持できるよう、日々精進しております。

私なりの精進方法のベストは、「毎朝体重計にのること」です。

かれこれ15年、いや、出産・子育て期以降は、毎日続けている唯一の習慣です。

できれば、クルールさんの11号を「スッと」着られるよう、これからも精進いたします。

後ろの4分の3ほどに4センチ幅のゴムを入れるんだけど、入れなくてもいいぐらい、ピッタリなのね。


ベルトの裏の状態。裏地は紺色80ローンを使用。そのせいか、滑りが悪い。(BBAは文句ばっか 笑)


ゴムも少し多めに入れたら、ゴムの存在がなくなった感じ。


これは洗濯後に裏返したところ。裏地はこんな感じです。

次回の娘のは、今回の反省を活かして、パーフェクトにしたいなあ。

完成後の着用感

夏の期間、たくさん着ようと昨日、今日と着用してみたらいろんな気づきがあった。

ウエストのボタンとボタンホールを仕上げ完成後に着てみたら、あら、フレアーがすごくきれい。今まで仮止めだったから、この部分はよく分からなかった。

動くたびに、きれいに揺れるフレアーの分量がちょうどいいと思う。よく考えられている。

あと、ウエスト後ろのゴムは、「入れなくてもいいんじゃない?」なんて考えていたが、いやいや、必要でしょ、となった。

私のように11号ギリだと、着替えのときや、満腹のときなど、ゴムの威力は計り知れない。

ギャザーの方が生地的にも合うような気がしていたが、面倒しただけあって愛着ある1着になりそう。

関連記事

  1. 失敗作披露~hooray! マキシフレアスカート
  2. リックラック(RickRack)さんのギャザースカート
  3. RickRackさんのストレッチスキニーパンツをつくりました
  4. 「大人のふだん着」伊藤みちよ著~センターシームのパンツ~
  5. すてきにハンドメイドのペチパンツをつくってみた
  6. コーデュロイのストレッチスキニーは秋冬に大活躍します
  7. ワイドパンツ~大人のふだん着(伊藤みちよ著)より~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

フリルカラーブラウスに初挑戦(香田あおいさん きれいな服)より

ゴールデンウィークも終わりごろは、なんだかホッとしますね。「これから大型連休!」なんてテレビ…

ダンボールニット(ダイバーニット)でパーカーつくりました

久しぶりのソーイングですが、あまりにも長く洋裁から離れていたため、新しいパターンに挑戦する勇気がない…

リックラック(RickRack) ふたへやバッグ

8月にエプロンをつくってから、小物づくりにハマっています。エプロン3枚を仕上げてから、ポーチ…

PAGE TOP