ホームウェア

2021年活躍したメンズのステテコ

9月も終わりそう。

2021年の夏は、去年、おととしと比べると「そんなに」暑くなかったかな~とは思うけど、

やっぱり暑かった!

よっちぃ
よっちぃ

ステテコは女性も必須です!

暑がりのだんなのために図書館から「みんなの手作りステテコ」という本を借りてきてステテコをつくりました。

その記録を書いておきます。

例年の暑さ対策のために・・・

2022年のために・・・

反省がいっぱい。

ソーイングメモ。

パターン  みんなの手作りステテコ (レディブティックシリーズno.3781)
洋裁メモ 用尺112巾200cm。50センチ単位販売だったので2m購入したけど、実際は180cmで足りた。
生地 生地 高島ちぢみ 無地 布 112cm幅/122cm幅 [50cm単位販売] 綿 コットン 綿100% 天然繊維 切り売り 日本製
費用等 パターンは図書館のなので、無料。強いて言えば、ハトロン紙を買ったから400円くらい?
生地代金は送料を入れて1,850円。糸、その他は手持ちのもの。合計2,250円。
作業時間 半日程度かな。パターンを写すのが一番時間がかかったような気がする。

反省・感想

だんなはユニクロは「L」だけど、そのほかのブランドは「M」なので、今回もパターンはMを使用したんだけど・・・

完成して試着してもらったところ

「ちっちゃい!」と言って、「キツい!」「要らない」

ぽいっ。

おい、せっかくつくったんだぞ、それはないだろ。

ってなことで、結局、私が着ることに。

完成したときは、図書館で借りた本は返却していたし、まさかLとは思わなかったのでパターンはMしか写し取らなかったし。

また借りるとか、本を買うとか、めんどーだしな。

パターンを写すのは、結構な労力なのよね。

だんなには、楽天で既製品の高島ちぢみのステテコを購入しました。

確か、2,500円くらいだったかな。当然「L」を選択。

高島ちぢみは、涼しいわりに強度もある生地なので、来年も違う色で、もうちょっとかわいらしいステテコをつくろうかな。

楽天のレビューを見ると、この生地でマスクをつくっている人が多数。

通気性がいいんだろうなあ。

ポケット付きだけど、見えないところは雑になっちゃった。

二言目に「ま、これで出掛けないからさ」とか言って。

ウエストのところはゴム2本と紐。

メンズのデザインだから、もろ「おやじのステテコ」という感じだったけど、着ている分にはチョー涼しくて楽。

私がいつも着ているのを見ただんなが「それ、サイズが合えば俺んのだったんだ」とぼやくほど。

高島ちぢみの製品が少ないよね。

こんなにいい生地なのに、どうしてなんだろ。


みんなの手作りステテコ (レディブティックシリーズno.3781)

この本、1冊あると、家族のステテコがつくれます。

サイズは要チェックですよ。

関連記事

  1. ファンシーブークレーのセーター2種
  2. 2022年の1号はWILDBERRYのマニッシュパーカー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ダンボールニット(ダイバーニット)でパーカーつくりました

久しぶりのソーイングですが、あまりにも長く洋裁から離れていたため、新しいパターンに挑戦する勇気がない…

リックラック(RickRack) ふたへやバッグ

8月にエプロンをつくってから、小物づくりにハマっています。エプロン3枚を仕上げてから、ポーチ…

「大人のふだん着」伊藤みちよ著~センターシームのパンツ~

彼岸でしたな、今日は。8月の終わり、夏服駆け込みでつくったセンターシームパンツ。前に…

PAGE TOP